×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株の取引についての知識

株式市場/株の時間帯/株の取引をしている人/株のリスク

株式市場

株式市場というのは株が行われている場所のことを言うのですが株の取り引きがおこなわれているのは各地にある証券取引所です。
東京や大阪、そして名古屋に福岡など、主要都市に株の証券取引所はあります。東京にある東京証券取引所は株式史上でも一番有名かもしれませんね。
東証一部上場などという言葉を聞いたことがあるかもしれませんがこの東証というのは、東京証券取引所のことをいいます。
この東証一部というのは株を発行している企業にとってはステイタスの一つです。
東証一部上場企業になるということはそれは企業の認知度が上がったり信頼されていたりしていることになるわけです。
株式を公開している企業で一部上場企業ということはそれだけで大きな企業だということがわかる一つの基準になっているわけです。
このように株式市場といのは東京株式市場以外にも色々とあるわけですが、東京証券取引所に上場していれば安定している会社だという基準になっています。
他にも株式市場で有名なのはジャスダック市場も有名です。
ジャスダックは、証券取引所には属していないような株の市場です。
ベンチャー企業などが中心にして作られている市場で、どちらかというと株の値の動きが激しいので初心者には向かないと思います。

株の取引の時間帯

株の取引というのはいつでもできるというわけではありません。
株取引ができる時間帯というのは決められています。
直接株の取り引きができる時間は平日の朝は9時から11時まで、そして12時半から15時までの二回になっています。
この時間帯は午前中の株取引を前場といって午後からの株取引は後場と呼ばれています。
この指定された時間帯には、東京証券取引所やそのほかの株式市場が開催されているので株の値が動くことになります。
それ以外の平日の時間帯や、土日祝日や年末年始などは、証券取引所は開催されていませんから株の取引もできないことになります。
しかし買いの注文や売りの注文といったものは、24時間好きな時に出すことができますからインターネットの証券取引会社を利用すれば24時間好きな時に、株の取引をすることができます。
月曜日の夜に株の買い注文を出した場合には、次の日の火曜日の朝に株式取引の際に行われることになります。
このように、24時間株の取引をすることはできるのですが、実際の株が動く時間帯というのは平日の昼間と限られていることが株取引の時間帯の特徴になっています。
株取引の時間帯以外にも売り買いはできますが実際には動いていないことを注意しましょう。



株の取引をしている人

株の取引をしている人というのは三つの種類に分けることができます。
まず一つ目は株取引の個人投資家と呼ばれる人、そして機関投資家、そして外国人投資家の三つの種類の人たちが株の取引を行っています。
この三つのグループが株価に変化を与えているということを知っておかなくてはいけません。
個人投資家は一般的に売買の単位が少なめの株の投資をしている人です。
この個人投資家が与える株価への影響というのはそれほどありません。
そして機関投資家というのは、プロの株投資の人のことをいいます。
ほとんどの場合が、銀行などの金融機関の人間や一般企業でも投資専門の部がありその人間などをいいます。
この機関投資家の株の売買の単位というのは、とても大きいですから株価に与える影響もその分大きいといわれています。
そして外国人投資家ですが、戒告人投資家は、日本の株を外国の人がかって株投資をすることになります。
こちらも、売買の額はとても大きいといわれていますからなかなか株の値に与える影響は大きいのが特徴です。
株式投資の中で株に影響を与える人というのは主に機関投資家と外国人投資家の二つの種類の投資家たちだということを覚えておくといいと思います。。

株のリスク

株をこれから行う場合には必ずリスクも確認しておく必要があると思います。
まず株のリスクは大きく分けると三つのリスクが伴います。
まず株の値が下がったことでリスクが発生します。
そして流動性のリスクと父さんをするというリスクがあります。
株式投資ではリスクをしっかりと理解しておけばリスクを回避することもできるのです。
まず株の値が下がったことに対するリスクというのは、たとえば、株を高く買ってその株が上がれば利益が出るのですが下がってしまったらそれは損をしたことになりますよね。
これは基本的な株のリスクの一つです。
それから流動性の株のリスクというのは株を現金に換金する際に起きるリスクといわれています。
売らなければ株というのは現金になりませんから、取引があまりされていないような銘柄の場合には安くで手放さなくてはいけないこともありますし、現金になるまでに時間がかかってしまってそれが株のリスクに代わります。
そして三つ目の倒産のリスクは、会社が倒産してしまって株券が何の意味もないものになってしまうことで高いお金を支払って購入していた株がただの紙切れに変わってしまうというものです。

リンク集: link1link2link3

 

テレビテニス